こだわり表札

表札に使う素材

日本の表札に使われる素材で最も多いのが、天然石です。レリーフなどがありますが、非常に強度が高いです。ステンレスの表札は、彫ることで名前を入れています。厚みを持たせるために、一枚のステンレスの後ろにアクリル板を付けることもあります。加工が簡単で曲げることも可能です。ステンレスは錆びないと言われますが、厳密には錆びにくい金属であり、経年劣化を免れることはできません。ステンレスには透明の薄いサビが既にに張り詰めているため、金属が空気に触れるのを防いでいます。ただし自動車がよく走る場所は二酸化炭素などを含んだ排気ガスの影響を受けやすく、海に面した場所は潮風によって耐久年数を短くしてしまいます。おしゃれなのが、ガラスの表札です。メーカーは色や形にバリエーションを持たせて、オリジナル性を高めることができます。ガラス自体は錆びませんが、取り付ける器具はステンレスやクロムメッキです。焼き物を選ぶと独特な雰囲気になります。七宝焼や有田焼など焼き物の種類によって印象は様々です。強度は弱いので厚みが15mm以上必要です。地震の揺れによって表札が割れる恐れがあります。色味はカタログと実物とでは少し違う傾向があります。

立派な個人情報の表札

一軒家にしてもマンションにしても、郵便受けにしても掲示しているところもあれば、そうでないところもあるという表札。
あれも、立派な個人情報で最近では掲示しないところもあります。
いつだれか悪用してくるかわかりませんし、名字だけならまだしも、住んでいる人の名前すべて記載するのは、個人情報丸出しです。今の時代は、個人情報にうるさい時代ですので、家族構成をまるわかりにするのはいやな人は、掲示しない傾向があります。 これは、地方でも都市部でも同じ考え方であり、特に地方であれば地域コミュニティがありますので、なくても困らないと言われています。
住宅地図の誰が住んでいるかというのが掲載されていますが、実はあれは表札に準じて表記されているものです。
掲示しているのだから、別に問題がないという解釈で記載されています。

でも、それらをあまり気にしない住人は、表札にこだわりを持っているようです。
スタンダードな木製タイプから、大理石タイプ、鉄製のものなど様々あります。
また、表札があったほうが助かるのは実は郵便配達や宅配業に従事している人です。
お届け先がわからない場合は、それに頼っていく場合がありますので、誤配を防ぐためには、やはりあったほうが助かります。

注目サイト

檜風呂特有の雰囲気が、更なる癒しに繋がります。

檜風呂

お祝いの品で胡蝶蘭を送るなら、選ぶのにおすすめのサイトです。

胡蝶蘭 販売

ワーキングホリデーをカナダで過ごしませんか?各種オトクなプランもご用意しています!

ワーキングホリデー カナダ

2017/6/22 更新